鹿島アントラーズ2005



勝点が少なくても磐田は磐田。誰が監督でも磐田は磐田。そして同様に隆行も野沢もいなくたって鹿島は鹿島。



出た選手が力を尽くす。それだけ。俺たちはそんな可愛い奴らのためにフィールドを真っ赤な歌声で包む。ただそれだけさ。

元鹿

このバカ!ドアホ!






















よりによって一番ヤバイ試合で…らしいっちゃらしいけどさあ…でもほんと、負けなくて良かった…








自分の身だけは守れよ。当分出歩くな。おめーんとこのファンに理屈は通じねーぞ。練習中に殴りこんでくることだってあんだぞ。


























田邊よお、そんくれえ教えてあるんだろうなあ?ちゃんと対策とらせるんだろうなあ?

鹿島アントラーズ05  第3節

柏1−3鹿島



曽ケ端内田岩政大岩新井場青木フェルナンド小笠原本山野沢アレックス・ミネイロ


早い時間に本山からのスルーパスを後ろから追い越したフェルがGKをかわして右足で流し込み4試合連続ゴール。ボランチが飛び出してのゴールなんていつ以来だ?


数分後、野沢が得たFKをフェルが早いリスタート、反応したアレックス・ミネイロが超絶テクであっさり2試合連続ゴール。代表組のコンディションも悪くなく、圧倒したまま前半終了。


後半立ち上がり、選手交代と共にシステムも変更した柏に押し込まれ、その流れのまま失点。


代表組のスタミナが早めに切れたのもあって苦しい時間帯が続くが選手交代でやや落ち着く。そしてまたまたアレックス・ミネイロの超絶ゴールで突き放すことに成功し、そのまま試合終了。選手とサポーターが一体になった素晴らしい勝利であった











らしい。その頃俺は寝込んでました。高熱ってやだよね。あはははは。あはははは。

2006FIFAワールドカップ ドイツ アジア地区最終予選第3節 直前


ビビリゃ負けるぜっ…


臆せば…


死ぬぜっ!!







アナ「負けると苦しくなってしまうのですが…」


和司「今はそういうこと考えないことにしましょう」



さあ戦いだ。

鹿島アントラーズ05 ナビスコカップ予選第2節

鹿島2−1名古屋



食事は2勝1分。いい感じ。


杉山内田岩政大岩新井場青木フェルナンド増田深井野沢アレックス・ミネイロ


序盤、FWにボールが収まらず苦しい展開。簡単にボールを奪われるシーンが続く。


俊敏で積極的な杉本、高さとスピードを兼ね添えた豊田という名古屋の若手2トップは動き出しも早く、サイドで何度も起点を作られる。まだ2人ともボールを持ってからのアイディアに乏しいため完全に崩されるということはなかったのだが、それでもゴール前まで詰め寄られたりCKを与えたりすることが多く、結局一度も主導権を取り返せぬままCKからのこぼれ球を角田に叩き込まれて失点。


失点後、ようやく鹿島も起き出す。アレックスにハイボールを蹴ることを止め、スペースへ走った野沢や深井へのボールを多用し始める。それまで標的になっていたアレックスも多少の自由を得、初めて主導権を握る。左右に流れてドリブルを仕掛ける深井と、何度もセカンドボールを奪うフェルナンドが特に効いていた。


その深井が右サイドから2人かわしてエリアに侵入して倒されるがノーホイッスル。セカンドボールを奪ったフェルナンドが倒されこれはファール。これをフェルナンドがゴール右45度から左隅へ巻くシュート。先に反応してしまったGK一歩も動けず、ゴール。同点でハーフタイム。


後半、立ち上がりから名古屋が攻勢。ボールを奪ってからが早い。スペースへどんどん人が飛び出して行き、前半よりも決定機に近いチャンスを作られてしまう。だがフィニッシュの精度を欠いており、しだいに空回りし始める。15分の猛攻を堪えた鹿島は前半同様に野沢・深井が起点を作り出し、左サイドをほぼ制圧してしまう。そして翻弄される角田を助けに来た中村が深井の顔面を掌打。当然主審が胸に手をやりながら近寄っていったのだが、後方からその3倍のスピードで新井場が突進、中村の胸を両手で突いてしまう。


見た瞬間覚悟したのだが、なんと中村は新井場に応戦。ラッキー!倒れてりゃ新井場退場だったのに。結局中村にだけイエロー。不満を言う中村に主審は「小競り合い地点」ではなく「深井を殴った地点」を指差した。中村を退場させないための処置か。いやほんと、やり返してくれてありがとう、中村。


と思ってたらその中村、同じ場所で今度は野沢に後方から殺人タックル。気分はもう「俺が出て行って」状態。しかもカード出ず。レッドだろ、あれ。


その数分後、後半チンチンにされてた角田が深井を引き倒して2枚目、退場。あの角田が文句も言わずに引き上げて行ったくらい、あきらかなファールだった。


1人多くなった鹿島は圧倒的にボールを支配するが、なかなか決定機を作り出せない。崩すことを狙いすぎてシュートが少なく、またエリアの中の人数も少ない。得点の匂いがしないまま時間が過ぎ、残り5分になって選手交代内田→中島。前線が活性化したところでロスタイムにとっくに足の止まっていた増田→興梠。


そして最後の最後、右SBにポジションを代えていた青木がセンターライン付近でパスカット、そのままエリア内に侵入し、クロスのフェイントを2度入れてゴールライン寸前から柔らかいクロス。ニアで潰れた深井を越えてフリーの興梠がシュートミス、こぼれ球をアレックス・ミネイロが冷静にゴールへのパス。沸騰。


興梠がボールを奪って独走しかけたところで試合終了。



名古屋は若くて活きのいいチームだったが、その反面、闘志が空回りして無理な体勢から手や足を伸ばしてのファールやスパイクの裏を見せてのタックルが非常に多かった。大怪我に直結しそうなタックルは控えてもらいたいと強く思う。


鹿島は攻めきらずにボールを失うことが多すぎ。シュートをもっと撃たなければならない。



杉山
・悪くない。コーチングが少なすぎるのと飛び出すタイミングに課題。シュートへの反応は良い。デビュー戦勝利、おめでと。
内田
・悪い。知らなかったのだが、どうやら怪我持ちらしい。
岩政
・普通。豊田に空中戦で2度ほど負けたが1対1はまあまあ。新井場へ意識してボールを出すようになったのは素晴らしい。
大岩
・安定。慌てるシーン無し。
新井場
・普通。上がるタイミングは大分良くなったのであとはボールを持ったときの判断。もっと思い切っていい。
青木
・まあまあ。新井場をちゃんと見なさい。縦パスは良い。最後のドリブル→クロスはパーフェクト。
フェル
・素晴らしい。バーに当てたシュート、FK等キックだけでなくボール奪取、散らしでチームに貢献。昨年までとは明らかに別人。
増田
・良くない。ワンタッチではたけるシーンは良いのだがキープにはほとんど失敗。シュートチャンスでもパスを選択するなど迷いが見られた。
深井
・非常に良い。止められる選手はピッチ上に存在しなかった。フリーラン、ドリブル、低い弾道のアーリークロスで多くのチャンスに絡み、決勝点にも貢献。
野沢
・まあまあ。動きと技術で起点となった。
アレM
・良くない。強いCBに苦戦。だが一番大事なシーンで冷静なポジショニングを取っての決勝ゴールは見事。



中島
・短時間ながらニアへの鋭い動き出しでチームを引っ張った。(内田out)
興梠
・ヒーローになるチャンスを逃したが、ボールを持つたびにわくわくさせるものがあった。(増田out)



トニC
・あと5分交代が遅かった。中島をベンチに入れたのは大正解。

2006FIFAワールドカップ ドイツ アジア地区最終予選 VSイラン

KICK OFF直前。とんでもないアウェー。映像だけでも息が詰まりそう。